• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号
Junior_high_school001Junior_high_school002

junior_photo

中でも一番大事なことは「できるまで徹底的に繰り返す」ことです。これが上手にできない子供はとても多く、なかなか成績が上がらない原因のひとつです。子供一人では徹底的に繰り返すことができないので塾でのフォローが必要になってきます。今村塾では、子供が分かったつもりになっている所も講師がきちんと指摘し、完全に理解できるようにします。授業を行う教材は「基礎を完全に理解する」ことを目的とした物で、難しい応用問題は少なく、繰り返し問題を解いて理解できるようになっています。
応用問題はテスト前に「オリジナル予想問題」・「テスト対策プリント」・「学校の提出物の応用問題」を解くことで、難しい問題にも対応できるようにしています。

Junior_high_school003

Junior_high_school004

Junior_high_school005

今村塾の「繰り返し学習」は中学生の5科目指導で力を発揮します。定期テストでは学校の問題集から出題されることが多いです。学校の問題集を繰り返し解いて理解しておけば、高得点を取ることができます。まずは学校の問題集の中で確実に理解しなければいけない問題を徹底的に繰り返し勉強して、理解していただきます。その後、「学校の問題集の応用問題」「テスト予想問題」「テスト対策プリント」などを使用して、応用問題なども解けるようにしていけばさらに高得点が可能となります。
ただし、テストは5科目(期末・学年末テストは最大で9科目)あるので効率よく勉強しなければいけません。今村塾では「予習型授業」「オリジナルの確認テスト」「宿題での復習」などを通じて、テスト前に余裕をもってテスト対策ができるようにします。また、効率よい勉強方法を指導していきます。
入塾前に「テスト前はいつも提出物を終わらせるのに精一杯でテスト勉強する時間がない」という生徒も今村塾に入塾後は、しっかりとテスト対策ができるようになる生徒がほとんどです。
定期テストでの成績アップには繰り返し学習がとても有効なのです。

Junior_high_school006

定期テスト(1・2学期の中間テスト・期末テストと3学期学年末テスト)の対策をする授業です。
テスト2週間ほど前から普段、塾で授業がある時間以外に追加で授業を受けていただくことができます。例えば、普段は数学や英語中心で授業を行っている場合、このテスト対策授業で理科や社会や国語などをテストに向けて授業します。「理科の1分野の計算問題」「国語の古典分野」「社会の分かりにくい用語」を分かりやすく解説して、テスト勉強をやりやすくします。もちろん普段の授業と同じ英語と数学でも、学校の提出物で分からない問題を解説したり、今村塾のテスト予想問題を解説したりすることで難しい問題にも対応できる力をつけることができます。普段の学習状況を見て、お子様と話し合い、テスト対策の科目や内容を決めさせていただきます(テスト対策をする科目を指定していただくことも可能です)

Junior_high_school007

今村塾がオリジナルで作成しているこの2つの教材(プリント)は自信をもってオススメできるものです。予想問題は5科目(英語・数学・国語・社会・理科)すべてで、テスト範囲で大事な内容(基礎から応用まで)が詰め込んであります。地域(美浜町・常滑市・南知多町の各中学校)のテストを分析して、学校ごとの傾向を知り尽くした今村塾がオリジナルで制作した予想問題です。大手の塾では各学校・地域に合わせたテスト対策はできません。今村塾が「地域密着の個人塾」であるからできることです。この問題を理解して、確実に解ければ80点以上が取れるようになっています。
テストまでに「予想問題の分からないところを授業で解説」⇒「間違えた問題の解きなおし」を何度も繰り返すことですべてできるようになり、テストで高得点が取れるようになります。
また、英語と数学は「確認テスト」を作成しております。これは、塾で授業を行った単元がきちんと理解しているかを確認するものです。今村塾の授業で使用する英語と数学のテキストの内容が理解できていればできるという確認テストです。確認テストができていれば理解していると判断でき、理解していない場合は一度その単元に戻って確認する必要があると分かります。確認テストでチェックをすることで予習型の授業でも今までに習った内容を理解しながら授業を進めることができます。

Junior_high_school008

一般的な「個別指導塾」は

週1回の通塾・・・英語か数学のどちらか1科目の指導
週2回の通塾・・・英語と数学の2科目指導

という場合がほとんどです。今村塾では「通常授業の問題演習」「テスト対策授業」「テスト対策合宿」などを組み合わせることによって5科目指導を行っております。5科目で成績アップすることを目指しています。学校も入試も基本的には5科目で対策が必要となります。塾で5科目すべてを指導することで生徒や保護者の方の不安をなくしています。

Junior_high_school009

前述したとおり、中学生の定期テスト前にはテストまでにやらなければいけない問題集(提出物)があります。学校の提出物も今村塾で期限を決めて、確実にやってもらいます。美浜町・常滑市・南知多町の中学校では、学校の提出物からテストに出題されることがとても多いです。提出物は2回、3回と繰り返すことで成果が出てきます。「テスト前日にようやく提出物を終わらせた」という生徒は、テストの結果もよくないケースがほとんどです。また、普段の授業から「塾や学校の宿題をきちんとやる」ということを徹底しています。

復習はいつするの?
成績アップへはこれが一番
入試対策も今村塾におまかせください

毎年、多くの「第一志望合格」を達成している今村塾なら、志望校合格のため万全のカリキュラムで授業を進めていきます。今村塾に通う生徒の方の多くが、公立高校を志望しています。公立高校合格のためには5科目指導が必要になります。どの科目も愛知県の公立入試では傾向がハッキリしていますので、対策をきちんとすれば、志望校の合格点に到達することができます。
今村塾では、中学3年生の夏休みから入試対策を行います。また、10月以降の毎週土曜日に入試対策講座を行い、入試に向けて必要な力をつけていただいます。

【今村塾の高校入試対策スケジュール】(中学3年生)

  • 7月下旬から8月末     夏期講座(入試対策と2学期の予習を合わせて行う)
  • 10月上旬から12月中旬  入試対策講座(入試問題の基礎的な内容を中心に授業・演習)
  • 12月下旬から1月上旬   冬期講座(愛知県公立高校入試の過去問演習や3学期学年末テスト対策)
  • 1月中旬から2月       私立入試対策講座(私立高校の過去問演習を行う。
    生徒の状況によっては公立高校の過去問演習を行う。)
  • 2月中旬から3月上旬     公立入試対策講座(公立高校入試の過去問演習や予想問題などで演習)
中学生の授業について

中学生の授業形式

授業風景

中学生の授業は1(講師)対3(生徒)の個別指導の形式です。この1対3という形はとてもバランスのよい授業です。例えば、1対1のマンツーマン指導や家庭教師の場合、何か分からないことがあった時にすぐに先生に頼ってしまったり、逆に先生側も教え過ぎてしまったりすることがあります。そうなると子供は頼りっきりになってしまい、分からないことがあればすぐに聞けばよいと思ってしまいます。すると、何か分からないことがあった時、問題を解くために自分であれこれと試行錯誤することをしなくなります。教えてもらったその場では理解できたとしてもきちんと子供自身の頭で消化されずに分かったつもりになってしまい、テストでは思うように点数が取れないことも多いのです。

中学生は基本的に5科目指導(英語・数学・理科・社会・国語)となります。
個別指導の授業なので、お子様一人一人の勉強の様子や理解度をより細かく見ることができ、状況に応じて授業を進めることができます。例えば、数学が苦手なお子様の場合は数学の授業を多くして対応することもできます。また、もし分からない単元や問題があればすぐに基本的なところまで戻って復習することができます。できるまで徹底的に勉強することができるのです。授業では担当講師が「授業でやったことが理解できているか」や「つまずいていないか」などを常に確認して、声をかけ指導し、分からないことをなくして効率よく勉強することができます。もちろん、学校で分からないことはお子様から質問することでより効率よく勉強を進めることができます。

ご要望に応じて様々な授業の進め方ができます。まずは、「定期テストでよい点数が取れるようにする」
という進め方をオススメしております。
「入試対策中心の授業がしたい」「英語だけを徹底的に授業したい」など、どのような進め方でも可能です。お子様の進路希望やテスト結果を確認した後に授業の進め方をご提案させていただくこともできます。授業の進め方はご相談下さい。

授業は週一回から週四回の中から選んでいただきます。
週一回の授業に60分の解説授業と60分の問題演習の時間が含まれています。

「解説授業」とは

授業の担当講師がお子様に新しい単元や分からない所を解説していく時間です。この時間で、それぞれの単元の重要な部分を理解していただき、分からない所を解決します。

「問題演習」とは

授業だけでは勉強した内容が完全に理解できません。授業でお子様が理解したと思っても、実際に問題が解けないことがあります。解説授業で行った内容の問題演習をして、内容を完全に定着させます。繰り返し演習をしないと知識は定着しません。また、「英単語テスト」「確認テスト(英語・数学)」「直前の授業で行った内容の問題演習」「学校の宿題」「学校の提出物」「理科・社会・国語のプリント」などを生徒1人1人に合わせて、勉強していただきます。
塾で必ず2時間以上勉強することによって、勉強時間を確保して成績アップを実現します。

中学生の講座

通常の授業以外にテスト対策授業や季節講座(春期・夏期・冬期講座)や中学3年生対象の入試対策講座があります。

テスト対策授業

中間テスト・期末テスト・学年末テストの定期テスト対策をする授業です。テスト2週間ほど前から普段、塾で授業がある時間以外に追加で授業を受けていただきます。普段は数学や英語中心で授業を行っている場合、このテスト対策授業で理科や社会や国語などをテストに向けて授業します。「理科の1分野の計算問題」「国語の古典分野」などを分かりやすく解説して、生徒のテスト勉強をしやすくします。もちろん普段の授業と同じ英語と数学でも、学校の提出物で分からない問題を解説したり、今村塾のテスト予想問題を解説したりすることで難しい問題にも対応できる力をつけることができます。テストごとに何の科目を、何回授業を受けるのか、決めることができるのでお子様の状況に合わせてテスト対策をすることができます。成績アップのためには欠かせませんので、テスト対策授業は基本的に必修とさせていただきます。

季節講座

春休み・夏休み・冬休みにはまとまった時間があるので、今村塾では「学校が休みのうちに徹底的に復習をして土台(基礎)を作り、次のテスト内容の予習をして早めの準備をする」ことを目標にしています。季節休みの時にまずは徹底的に復習をします。(中学3年生の夏休み・冬休みは入試に向けた対策授業も行います)
そして、復習が完了した生徒から次の定期テスト内容の予習を行うのです。早めに予習をしておけば、学校の授業も分かりやすくなり、余裕をもってテスト対策をすることができます。「入試に向けた勉強」「今までに習ったことの復習」「定期テストの成績アップを目指して予習」など、生徒ごとの目標に合わせて授業を行うことができます。中学3年生は季節休み(春・夏・冬休み)でどれだけ勉強できるかが勝負になりますので、季節講座は基本的に必修とさせていただきます。
季節講座もお子様の状況やご要望に応じてどのような進め方でもできます。また、こちらから進め方をご提案させていただくこともできます。

入試対策講座

中学3年生は10月から土曜日を中心に入試対策講座を行います(土曜日の都合が悪い場合、別の曜日に授業を行うこともできます)。10月から12月中旬までは愛知県公立高校の入試問題の基礎的な内容を中心に授業・演習を行います。
12月下旬からは冬期講座として、愛知県公立高校入試の過去問演習を行います。入試の問題傾向に慣れて、実力を伸ばしていきます。
1月中旬から私立高校一般入試までは生徒1人1人の受験校(志望校)に応じて、私立高校の過去問演習で私立入試対策を行ったり、公立対策として公立高校入試の過去問演習を行ったりします。
2月中旬から公立高校一般入試までは「愛知県公立高校の予想問題」などを利用して公立高校対策をします。
入試対策講座は1人1人の志望校や現在の学力に応じて進め方が異なりますので、塾からご提案をさせていただきます。

中学生の授業時間帯と費用

中学生の授業可能時間帯

14:00~15:00 × × × × ×
15:10~16:10 × × × × ×
16:20~17:20 ×
17:30~18:30 ×
19:10~20:10
20:20~21:20

上記の○の時間に授業を行うことができます。ご都合のよい曜日・時間を選んで下さい。
(無料体験授業も同じ曜日・時間帯で行っております

(授業の受け方の例)

週二回の場合・・・月曜の19:10~20:10で数学の解説授業  20:20~21:20で問題演習
木曜の19:10~20:10で英語の解説授業  20:20~21:20で問題演習

このように曜日や時間や科目を自由に組み合わせていただくことができます。
授業は週一回から週四回の中から選んでいただきます。
※月謝は解説授業を週に何回受けるかで計算されます。問題演習の時間は週の授業回数に入りません。例えば、上記の授業の受け方の例では問題演習の時間が週に二時間分入っていますが、解説授業は二回のため週二回の月謝となります。

費用

「料金(月謝)」

週一回(月4回) 週二回(月8回) 週三回(月12回) 週四回(月16回)
10100円 19400円 25500円 29600円

※1回の授業は解説授業(60分)+問題演習(60分)の120分です。
解説授業を何回行うかによって、月謝が決まります。

講座費用

テスト対策授業(定期テスト2週間前から、追加で授業を受ける回数に応じて費用が異なります)

4回 6回 8回 12回 (1回あたりの授業費用)
8640円 12960円 17280円 25920円 2160円

※上記の回数は一例です。(授業回数)× 2160円 で費用が決まります。
普段の授業にプラスして定期テスト前に授業を行います。授業回数や授業科目や日程はテストごとに決める事ができます。また、お子様の状況をみて授業科目をご提案させていただきます。
定期テストごとに上記の費用がかかります。

季節講座(春期講座・夏期講座・冬期講座)

4回 6回 8回 12回 (1回あたりの授業費用)
8640円 17280円 25920円 34560円 2160円

※上記の回数は一例です。(授業回数)× 2160円 で費用が決まります。
春休み、夏休み、冬休みに普段の授業にプラスして季節講座の授業を行います。授業回数や授業科目や日程は自由に決める事ができます。また、お子様の状況をみて授業回数などを提案させていただくこともできます。

入試対策講座(中学3年生対象)

10月~12月までの
土曜日(8日間)
1月中旬~2月上旬までの
土曜日(3日間)
2月中旬~3月上旬までの
土曜日(5日間)
30800円 13200円 22000円

※別途教材費(入試対策問題集3冊分)がかかります。

その他の費用

①入学金・・・5000円(ただし、兄弟・姉妹が以前、今村塾に通っていた場合、在塾中の場合は必要ありません)
②年間教材費(5科目のテキスト、英語・数学の復習教材)※中学3年生のみ英単語教材を追加
中学1年生・・・12400円
中学2年生・・・12600円
中学3年生・・・13000円

※今村塾で使用する中学生の教材は学校で使用している教科書に合わせた教材です。

③維持費(プリント代・冷暖房費などに当てさせていただく費用)・・・半年で6000円
※ご兄弟・姉妹で通塾される場合は月謝が2割引となります。
また、3人以上同時に通塾される場合は3人目からは月謝が4割引、維持費が無料です。

今村塾の中学生科目別指導法

今村塾の英語

中学英語の基礎は「単語・熟語の暗記」「英文法の理解」「日本語訳」「基本文の理解(暗記)」の4つです。
まずは、「英単語・熟語の暗記」についてです。英単語は

①読める(英単語が読めるかどうか)
②分かる(英単語の日本語の意味が分かるかどうか)
③書ける(英単語のつづりが書けるかどうか)

の3つが必要です。例えば「book」という単語が

①「ブック」と読めるか
②「本」という意味がすぐに頭に浮かぶか
③「本」⇒「book」と書けるかどうか

をチェックしていく必要があります。英単語は1つ1つ暗記していかなければいけません。文部科学省によると中学校卒業時に目標とする習得英単語数は1500~1600語だそうです。かなりの量を覚えなければいけません。特に中学1年生の最初の頃は英単語を覚えるコツが分からないため、単語の暗記にとても苦労します。
今村塾では「読める」「分かる」「書ける」の3つを確実にできるようにするために英単語の暗記法を指導しています。詳しい方法は入塾後に説明しますが、中学生の英語のテキストには単語のページがあり、「英語」・「発音」・「日本語の意味」が赤いシートで隠せるようになっています。それを使用して、単語練習をして、テストをしていくことで1つ1つの単語を覚えていただきます。単語は日々の積み重ねなので、繰り返し継続して勉強しましょう。英単語も「繰り返し学習」が必須です。

次に「英文法の理解」と「日本語訳」です。今村塾の英語の授業では、この「英文法の理解」のための授業に一番多くの時間をかけます。授業は「予習型」の授業で進めて行きますので、学校よりも少し早く、新しい文法を学習することになります。英文法も繰り返し練習が必要です。中学校では「be動詞と一般動詞の違い」「進行形・未来形・過去形」「canなどの助動詞」「不定詞と動名詞」「比較」「受動態(受身)」「完了形」「関係代名詞」など多くの基礎的な文法を習います。まずは、1つ1つを繰り返し解いて、基本を理解して、テスト前には色々な問題形式で文法事項を確認することで理解を深めます。季節休み(春休み・夏休み・冬休み)には、今までに習った文法の中でどれができていないかをテスト形式で確認し、できないところを集中して復習して、英語の土台(基礎)を固めていきます。
また、今村塾の英語の授業では新しい文法を学習するのと同時に教科書の文章を日本語に訳せるかも指導していきます。入試では長文の問題が多く、「英語を日本語にきちんと訳せるか」が重要になります。日々の塾の授業の中でも教科書の日本語訳ができるかどうかを確認しながら授業を進めていきます。

最後は「基本文の理解(暗記)」です。英語は言語なので、基本的な英文を100くらい覚えれば、文章の作り方(構成)が簡単に理解できます。あとは文章に応じて、単語を使い分ければいいのです。
例えば、中学1年生の英語の教科書にでてくる文章はどれも英語の基礎となる文章です。どの文章にも大事なことがつまっていて、すべての文章を暗記してほしいくらいです。定期テスト前にテスト範囲の英語の教科書をすべて暗記して理解していたら、テストで高得点は間違いありません。さすがにすべてを覚えることは大変なので、今村塾では教科書の重要な文章を選んで、その文章が日本語から英語に直せるかを確認するオリジナルプリントを作成しています。テスト前にこのプリントの問題がすべて書けるようになっていれば、単語・熟語・文法・基本文がすべて理解(暗記)されていると判断できます。
最後に「テスト予想問題」を解いて、テストに向けての準備は万全です。

今村塾の数学

中学校の数学は「計算」「文章題」「関数」「図形」「資料・確率」の分野に分かれています。この中では計算の分野が、すべての分野につながる単元となるので計算ができない場合はすぐに復習をする必要があります。状況にもよりますが、学校で習う単元と計算の復習を同時に行わなければいけません。
ある程度計算ができる状態であれば、予習型の授業で問題なく進めることができます。数学は特に問題演習が重要になります。授業を聞いて「できるような気がする」という状況が一番いけないので、必ず授業で勉強した内容は自分で解けるかを確認する必要があるのです。そこで、宿題で類題を解いていただき、確認テストでできるかをチェックします。今村塾の数学のテキストは、基礎を徹底的に理解することを目標としているので繰り返し問題を解いて、まずは基礎を徹底します。
テスト前になると、まずは学校の問題集(提出物)を徹底的に解いてもらいます。自分で解いてみて、分からないところを授業で解説します。分からなかった問題を繰り返し解いてできるようにします。
最後に「テスト予想問題」を解いてもらいます。数学は難しい応用問題がテストで出題されることがありますが、生徒1人1人の目標に応じて、どのレベルの問題まで解けるようにするかを決めて勉強していただきます。数学が苦手でテストで平均点を目指す生徒は、応用問題をやらずに基礎的な問題を確実に解けるようにしていただきます。生徒によって、数学はかなり差がでるので、目標に応じたテスト対策を行います。

今村塾の理科

中学校の理科は「植物」などの分かりやすい単元もありますが、中学1年生では「光・力」「水溶液」、中学2年生では「化学変化」「電気・磁界」、中学3年生では「イオン」「運動とエネルギー」「天体」といった難しい単元(テストの点数が取りにくい単元)があります。難しい単元でテストの点数が取れるかどうかということが、中学校の理科を乗り切れるかどうかの分かれ道になります。
理科の勉強の流れは

①重要な語句・実験の手順・重要な図を理解し、暗記する。
②1問1答形式や図で重要語句を覚えているかチェックする。
③様々な問題を解きながら知識を定着させ、理解を深める。

という形です。理科でも繰り返し問題を解き、重要語句の暗記、「実験や観察」で実験の結果から何が言えるか考える「考察」の力も身につけていただきます。
塾の授業では特に生徒が理解しにくい「実験」や「現象」を解説します。また、生徒が特につまずきやすい「計算問題」を重点的に解説します。計算問題は

中学1年生・・・「圧力」「密度」「濃度」「地震の観測」
中学2年生・・・「化合・分解の化学変化」「オームの法則や電力」「湿度」
中学3年生・・・「遺伝」「中和」「運動・仕事」「天体観測」

というように各学年で出題されます。これらは子供たちがいつも苦戦するところですので、授業でも多く解説をして対応しています。重要語句の暗記などは「家庭学習(宿題)」や「塾の問題演習の時間」に生徒たち自身で勉強していただき、授業では分かりにくい計算問題や実験の問題の解説に時間をかけるようにすると成績アップがしやすくなります。
理科の勉強のポイントは「問題を解きながら、知識と理解を深めること」です。よく教科書にでてくることをテスト前に「ノートにまとめる」という勉強をしている生徒がいますが、それは勉強ではなく作業に近いです。ノートにまとめると達成感があり、覚えた気がしますが、実際に問題が解けるようになるかというと疑問です。教科書を読むことは重要で、それをノートにまとめたい気持ちも分かりますが、問題を解いてみて初めて理解しているかを確認できるのです。「問題を繰り返し解く」ことを意識して勉強してください。

今村塾の社会

社会が苦手な(テストで点数が低い)生徒に共通することは「勉強時間が足りないことによる基礎知識の不足」です。地理・歴史・公民という各分野とも、定期テストでよい点数を取ろうと思ったら時間をかけて重要語句や地名・国名などの名称を理解し、暗記するしかありません。社会は結局、「どれだけ時間をかけて勉強できたか」にかかってきます。今村塾では、「家庭学習(宿題)」や「塾の問題演習の時間」に勉強していただき、生徒たちに任せていると不足しがちな社会の勉強時間を確保します。塾の教材(テキストや暗記用プリント)は繰り返し勉強ができるようにしてあり、生徒の理解・暗記がしやすくしてあります。
社会の勉強の流れは

①重要な語句・図(地理の地名や国名などの名称)・表(資料)を理解し、暗記する。
②1問1答形式や図で重要語句を覚えているかチェックする。
③様々な問題を解きながら知識を定着させ、理解を深める。

となります。理科と同じような勉強の仕方です。最初は教科書を1通り読むなどをして、重要な語句の意味や歴史の流れなどを理解します。その後、1問1答形式の問題を繰り返し解いて知識を定着させます。重要語句をある程度覚えたら定期テストに出てくるような問題をどんどん解いていただきます。社会も理科と同じように「問題を解きながら、知識と理解を深めること」が重要です。また、社会の場合、教科書にでてくる図・資料・表などが出題されることが多いので、教科書を読み込むことも重要です。もちろん教科書を読むだけではなく、問題が解けるかどうかで確認をします。今村塾では「テスト予想問題」に図や表を使った問題も作成しており、単純な暗記ではできない問題にも対応できる力を身につけていただきます。

今村塾の国語

国語は「読解(現代文・古文・漢文)」「文法」「漢字」が定期テストに出題される代表的な分野です。
まず、読解の中では大多数を占める現代文の分野は、問題演習を中心に勉強をしていただきます。定期テストの場合、学校の授業で習って内容が分かっている文章の問題を解くことになります。「文章で筆者が何を主張しているか」などを、問題を解くことで理解していきます。問題を解きながら理解を深めていくという方法です。

次に古文・漢文の分野ですが、各学年でいくつかでてきます。

中学1年生・・・「竹取物語」「故事成語(矛盾)」
中学2年生・・・「枕草子」「平家物語」「徒然草」「漢詩」
中学3年生・・・「万葉集・古今和歌集・新古今和歌集」「奥の細道」「論語」

これらの単元は子供たちが苦戦する単元でもあります。古文・漢文は塾の授業でも指導することになります。「現代語に訳せるか」「現代仮名遣いで読めるか」「和歌・俳句・短歌での表現技法や意味」「漢文の書き下し文が書けるか、日本語に訳せて意味がとれるか」を授業で解説することで、理解を深め、問題が解けるようにします。古文・漢文は繰り返し問題を解けば、必ず高得点が取れるようになります。

最後に文法です。文法を理解することは生徒たちにとって、とても難しいことです。普段は文法を意識しなくても日本語を話すことができますから、改めて1つ1つの言葉を突き詰めて考えると難しいのです。テストの問題や学校の問題集で出題されるものも難易度が高い問題が多いです。テスト前に文法の解説をして、繰り返し問題を解いていただき、色々な問題に対応する力を身につけていただきます。

<h2>台風の影響について</h2>
現在、超大型の台風が東海地方に接近中です。

一部の情報では、「伊勢湾台風」と同じような状況(進路・強さなど)だそうです。

稀に見る強さでの接近となるようなので、最大限の注意が必要です。

&nbsp;

&nbsp;

今村塾では、生徒の皆さんの安全を考慮して、以下の通り休校にさせていただく場合があります。

ご確認下さい。
<ul>
<li></li>
<li></li>
<li><strong>1、授業開始時刻の2時間前に知多地域に暴風警報が発令されている場合は、</strong></li>
<li><strong>  通塾途中の危険防止のために休校とさせていただきます。</strong></li>
<li></li>
</ul>
&nbsp;
<ul>
<li><b>2、暴風警報が発令されていても授業開始2時間前までに警報が解除された場合、授業は行います。</b></li>
<li>  ただし、安全を考慮してご家庭の判断でお休みにしていただいてもかまいません。</li>
</ul>
<strong>(自然災害発生時の休校の注意点)</strong>
1.休校決定がされた後に警報が解除になった場合も、混乱を避けるため休校となります。
2.授業中に警報が発令された場合には、速やかに授業を中止し、生徒は全員帰宅していただきます。

&nbsp;

&nbsp;

<strong>大雨(洪水)により通塾することが危険と判断した場合も休校とさせていただくことがあります。</strong>

<strong>その際は各ご家庭に電話連絡させていただきます</strong>。

&nbsp;

なお、大雨などの場合に通塾することが困難だと保護者の方が判断された場合は、

無理をなさらないようにお休みしていただくようお願い致します。

&nbsp;

月曜日の状況を見て、休校の場合は授業の方にはご連絡させていただきます。

連絡がない場合は、授業がありますのでよろしくお願い致します。

&nbsp;
<p style="text-align: right;">愛知県美浜町の個別指導塾 今村塾</p>
<p style="text-align: right;">塾長 今村英之</p>
&nbsp;