• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

教室ブログ

エルニーニョ現象

今年の夏は冷夏? 大雨に注意?  天気の勉強はおもしろい

 

こんにちは。

今日は雨が降っていますね。

梅雨入りしましたが、雨と晴れを繰り返していたので、いよいよ本格的な梅雨の到来でしょうか。

九州ではかなりの雨が降っているようなので、これからは大雨に注意が必要な時期になります。

 

「冷たく湿った空気をもつオホーツク海気団」と「暖かく湿った空気をもつ小笠原気団」がぶつかり合って、その境目に前線ができ、同じくらいの力なので、ずっと日本付近に停滞するのが「梅雨前線」です。

中学2年生で学習しますね。

 

 

また、かつてないほどの「エルニーニョ現象」がペルー沖で進んでいるようです。

エルニーニョ現象は普段より海水温が上がる現象ですが、このままのペースで海水温が上がると観測史上最高まで上がるような異常な状態だそうです。

 

エルニーニョ現象が起こると一般的に「冷夏」となることが多いそうです。

 

ここから天気の分野の話が始まりますが、少々お付き合い下さい。

 

先ほども登場しましたが、夏になると発達する小笠原気団があります。

この気団が発達して、太平洋高気圧が日本まで張り出すと、夏らしい暑く晴れが続く天気となります。

 

この気団(太平洋高気圧)がエルニーニョ現象により、東へと引っ張られ、太平洋高気圧が日本上空から抜けていくと夏らしくない、いわゆる「冷夏」となるのです。

 

冷夏となると気温が低くなり過ごしやすくなりますが、反面、日照不足による農作物への影響が大きく、様々な問題があります。

また、太平洋高気圧が日本に張り出していない時には「台風」が本州に直撃しやすくなります(秋がまさにその状態です)。

過去、異常な「エルニーニョ現象(海水温の大幅な上昇)」が起こった時には、日本に大きな台風が直撃するなど水害が多い年とも重なっているとのことです。

 

天気には様々な要素が絡み合っているため、簡単には説明できませんが、これだけを聞くと少し心配になりますね。

 

中学2年生の3学期に理科で天気の分野を習いますが、天気は身近な話なので関心を持ちやすいところです。

普段の天気から興味を持ってニュースなどを見ると、おもしろいと思います。

 

 

 

いつの時代も楽しい修学旅行

こんにちは。

今日は水曜日なので、小学生クラスの授業が夕方からあります。

 

小学生クラスは元気いっぱいの小学生がたくさんいて活気があります。

元気すぎて叱ることもありますが(笑)

 

中でも小学6年生が一番多いのですが、今日は内海小学校の生徒が修学旅行のため、いつもより人数が少ないです。

 

最近は、学校のホームページに現地で先生が撮った写真を紹介しているので、リアルタイムで子供たちの修学旅行の様子を知ることができます。保護者の方にとっても子供たちの様子が分かって、とてもよいですよね。

 

私も昨日から小学校のホームページを見ていますが、みんなとてもいい笑顔で写っています。

塾生たちもとっても楽しそうで、見ているこちらも笑顔になります。

 

 

愛知県の小学校の修学旅行といえば、やはり「京都・奈良」が定番です。

 

京都では

 

「金閣寺」「清水寺」「平等院鳳凰堂」などのお寺・神社めぐり

「伝統工芸品作り(友禅染めなど)」などの体験型観光

「京都タワー」などの新名所をめぐる

 

 

奈良では

 

「東大寺」「法隆寺」「興福寺」「春日大社」などのお寺・神社めぐり

「国立博物館」などの見学

「伝統工芸品作り(墨作りなど)」

「若草山・奈良公園などの散策や鹿に餌やり」

 

などが代表的なようです。

 

 

 

 

今は、学校・クラスごとはもちろん班ごとにタクシーで市内観光をすることも多いようです。

自分たちの好きなところへ行けるのはとても楽しいですよね。

 

私はいまだに小学校の修学旅行のことを鮮明に覚えています。

いつになっても懐かしい思い出です。

 

子供たちにとってもとてもいい体験だと思うので、次回塾に来たときにじっくり感想を聞きたいと思います。

修学旅行の感想文を宿題にしようかな・・・(笑)

 

 

 

 

ノートまとめはする?しない?

 

正しい勉強法、間違った勉強法シリーズの第二弾です。

今日の勉強法は「ノートまとめ」についてです。

 

テスト前になると

 

「テスト範囲になってるところを自分なりにまとめてみよう」

 

という考えからテスト範囲の内容をノートにまとめる生徒がいます。

学校の先生の中には

 

「ノートに教科書の内容を○ページ以上でまとめてテスト前に提出しなさい」

 

という課題を出す先生もいます。

 

特に女の子は時間をかけて、蛍光ペンや色ペンを使ってきれいにまとめる生徒もいますね。

男の子の中には、ひたすら教科書の文章や用語を書き続ける生徒もいます。

 

 

では、ノートまとめは正しい勉強法でしょうか?

 

 

 

賛否両論あると思いますが、私は99パーセントの生徒にとって

 

 

「ノートまとめ」は間違った勉強法

 

 

であると考えております。理由は以下の通りです。

 

 

 

 

1、 ノートまとめをするのは「勉強」ではなく「作業」になる

 

2、 ノートまとめは時間がかかりすぎる

 

3、 ノートまとめを有効に行うためにはかなりの学力が必要である

 

 

 

 

 

ノートにまとめる時にほとんどの生徒は、教科書の内容などをそのまま写していきます。

もちろん写していく過程で用語の意味や内容を理解できればよいのですが、ほとんどの生徒は残念ながらすぐに理解したり、用語の意味を暗記することはできません。

きれいにまとめたからといって、その内容を覚えて理解しているかは別問題です。

「ノートにキレイにまとめる」ことに意識がいってしまい、肝心の「教科書の内容を理解する(覚える)」ことがおろそかになります。

学校の先生から課題(提出物)になっている場合は、さらにその傾向が強く、「先生の評価が上がる」ノートを作成しようとします。

ページ数をひたすら増やして、きれいにまとめるといったことにすべての意識がいき、「勉強」ではなく「作業」になってしまうのです。ページ数を増やすためにはかなりの時間がかかるので、その分、問題を繰り返し解くという一番重要な勉強時間がなくなります。

ノートまとめは「百害あって一利なし」と言っても過言ではありません。

 

唯一、ノートまとめが有効な生徒は以下の3つの条件を満たす生徒です。

 

1、ノートに書いただけで色々なことを覚えることができる

2、教科書に書いてある中で、どこが重要か理解でき、それを自分の言葉でまとめることができる

3、文章を書くスピードが速い

 

これらの条件を満たす場合は積極的にノートまとめを行うとよいでしょう。

お分かりかもしれませんが、この条件を満たすのであればハッキリ言ってその生徒にとって塾は必要ありません。

今村塾に通塾する生徒にもこの条件を満たす生徒はいないので、塾では基本的にノートまとめは禁止です。

 

ノートまとめをうまくやるにはかなりの学力が必要です。

勉強が苦手な生徒は何をどうまとめていいかが分かりません。

(塾生は塾のテキスト・ワークのまとめページを見れば、重要なことが分かるのでまとめを作るくらいならテキスト・ワークを見てくださいね)

 

では、どうやって勉強するのが正解かというと

 

 

「問題演習を中心とした勉強」

 

 

が正しい勉強法です。

教科書を読むだけ、ノートにまとめるだけでは「実際に問題が解けるか」「本当に理解できているか」が分かりません。

問題を解いてみて初めて理解できているかが分かるのです。

そして、今村塾では間違えた問題を解説し、繰り返し問題を解いて、できなかった問題をできるようにしています。

 

まとめると

 

 

正しい勉強法 ・・・問題演習をして、間違えた問題を繰り返す

間違った勉強法・・・ノートまとめ

 

 

ノートまとめが学校の課題になっている場合は最低限のまとめだけ行って提出してください。

問題をたくさん解いた方が確実に成績が上がりますし、実力もついていきます。

ノート提出で点数を稼ぎたい気持ちは分かりますが、ぐっとこらえて時間をかけすぎないようにしてください。

 

本当はノートまとめの課題がないのが一番なのですが・・・