• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

教室ブログ

センター試験の問題は本日の朝刊に載っています

こんにちは。

今村塾の今村です。

 

昨日はセンター試験の1日目でした。

社会・国語・英語が行われました。

 

今日は朝から中日新聞に掲載されたセンター試験の問題を1通り目を通しました。

仕事柄、問題を見ると解いてみたくなります(笑)

 

もう15年くらい前になりますが、私は国公立大学を志望していたので、センター試験はとても重要な位置づけでした。

もちろんそれは今も変わっていませんが、私自身は「国公立大学以外なら就職する」くらいの気持ちで受験しました。

実際、私立大学は1校も受験せずに国公立大学1本に絞って勉強をしていました。

(今の私なら当時の私に、保険としての私立大学の受験を全力で勧めていますが、当時はその大学に絶対に行きたかったので、国公立大学1本に絞っていました)

 

ということで、センター試験は当時の私にとっては重要な試験となったわけです。

今でも緊張したことを覚えています。しかも会場が名東高校(名古屋市の東の端)で、とても遠くて大変でした。

 

実際に国語・英語は苦手としていたので、6割~7割くらいの出来になってしまいました。

数学が過去最高にできたので、何とか目標点に達することができましたが、国語と英語が終わった時は「ダメか」と思いました。

 

 

そんな思い出を振り返りながら、朝から問題を解いていました。

当時と比較してみると勉強時間は当然少なくなっているのに、なぜか今の方ができてしまいます。

苦手だった英語も最初の10問中9問を正解することができました。

やはり、生徒たちに教える立場になると理解が深まるようです。

 

特に「現代社会」は一般的に社会常識やニュースを聞かれることも多く、おそらく大人が解く方が子供よりもできるという唯一の科目でしょう。

私も細かい知識は忘れてしまいましたが、8割以上は解くことができました。

 

さすがに英語や国語を解くのは大変かもしれませんが、一度「現代社会」を解いてみてください。

大人の方もかなりできると思います。

 

今村塾の塾生たちの結果は、ひとまず試験が終わる月曜日まで聞かないことにしています。

月曜日以降にしっかり今後について相談していきます。

 

 

 

愛知県美浜町の学習塾 今村塾

塾長 今村英之

 

 

 

 

初日の最初が一番緊張します

 

こんばんは。

今日は中学3年生の入試対策授業とテスト対策授業を行いました。

例年であれば入試に向けて集中して勉強し始まるときですが、あと1日、テストが残っている生徒が多く、まだテスト対策をしなければいけないですね。

 

生徒たちも多くが13時から塾に来て、夜まで勉強していきました。

 

 

そして、今日は大学入試センター試験です。

愛知県内では交通機関の乱れや悪天候などはなく、いつも通りの実力が出し切れる状況でした。

今村塾からも受験生がセンター試験に挑んでいます。

 

例年、受験生に話を聞くと、

 

「最初の科目が一番緊張した」

 

ということを言います。

やはりセンター試験というのは独特の雰囲気があります。

会場の空気に飲まれてしまうということがあるかもしれません。

まわりを見渡せば、みんな勉強がよくできるような顔をしているでしょう。

 

でも大丈夫です。

まわりの全員が、自分の周りを見てそう思っていますから(笑)

 

大事なことは

 

①普段どおりを心がけること

②終わった科目のことはセンター試験が終わるまで忘れること(採点や友達同士で答えあわせをしない)

 

です。

友達と答えを確認しあって、よいことなんてありません(たいてい間違いに気づきますから)

センター試験を振り返るのは、センター試験が終わってからにしましょう。

 

2年前に国語の平均点が100点を切る(200点満点で98.67点)ことがありました。

そんな時に採点や友達と答えあわせをしたら、間違いなく後の科目への気持ちが萎えます。

 

自分が難しいと感じたら間違いなく他の生徒も難しいと感じています。

気にせずに次の科目のことだけを考えましょう。

 

明日は理系の科目がありますが、数学の公式1つ1つのチェックや理科の用語などの確認をしたら早めに寝てくださいね。

 

受験生の皆さんの健闘を祈っています。

 

 

愛知県美浜町の学習塾 今村塾

塾長 今村英之

 

 

 

 

中学生・高校生のテストで100点をとるのは難しい

こんばんは。

今村塾の今村です。

 

今日から中学3年生が学年末テストです。

今年は、1週間前の1月7日が始業式だったため、今日が定期テストの開始日となります。

よって、学年末テストが3日間ある学校では今日、明日と来週の月曜日という変則的な日程となります。

土日を挟むことがよいか、悪いかは別として、テスト対策はしやすくなりますね。

 

私が高校生の時は、定期テストが土日を挟むと嬉しかったものです。

ひとまず土日を挟む教科は後回しにして、先にある科目を全力で勉強できるからです。

(もちろん、計画通りにいくわけではなく、集中力が続かずに土日の勉強がおろそかになったことも1度や2度ではありませんが・・・)

 

塾があれば、そのあたりもコントロールしてうまくテスト対策をすることができます。

 

 

さて、一部の中学校では3学期が始まってすぐに行われた「実力テスト(課題テスト)」の結果が返却されています。

ある生徒が、さっそく答案を持ってきてくれました。

自信に満ちあふれた表情で持ってきたので期待してみると・・・

 

なんと理科が100点でした!

 

すばらしいです。

こちらの生徒は2学期中間テストで点数が悪くて、少し理科に苦手意識を持っていました。

 

「期末テストでは何とかしたい・・・」

 

そんな想いをもってしっかり塾でも授業をして勉強した結果、期末テストで94点を取り、理科の学年順位が2位になりました。

学校の先生もビックリしたらしく、本人の解答用紙に「お褒めの言葉」がしっかりと書いてありました。

それを見た生徒は、とってもうれしそうで理科が一瞬で好きになったようです。

 

冬休み中も理科をしっかり勉強していて、今回のテストでも見事に100点をとりました。

 

「あるキッカケで子供には劇的な変化がおこる」

 

というよい例だと思います。

 

中学生・高校生のテストで100点を取ることは、皆さんが思っている以上に難しいことです。

苦手だと思っていた科目で100点を取ることは本当に生徒ががんばったからです。

 

今村塾ではこうした「ビックリ事例」がよく起こります。(ビックリ事例は劇的に成績が上がることです)

多くの生徒がこういう成績アップができるように指導していきます。

 

 

愛知県美浜町の学習塾 今村塾

塾長  今村英之