• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

教室ブログ

知っている言葉を増やそう

前回に引き続き、国語の学力を伸ばすことについて書きたいと思います。

 

最近の子供たちを見ていると

 

「国語の苦手な生徒=言葉を知らない(語彙を知らない)」

 

 

という傾向が明らかにでています。

どれだけ言葉を自由に使えるかによって、言語能力(国語の力)が決まってきます。

 

 

小学生・中学生の国語の授業を塾でしていると、よく「この言葉の意味が分からない」という質問があります。

国語が苦手な生徒は特に多いです。

 

こちらから「○○という言葉の意味分かる?」という質問をしても、得意な生徒は上手に説明できるのに国語が苦手な生徒はうまく答えられないか、答えようとしません。

 

小学校入学の時に勉強が苦手な生徒は語彙数(言葉を知っている数)が1500字程度、勉強が得意な生徒が6000字程度の言葉を自由に使えるという調査結果もあります。言葉の数と成績は見事に比例関係にあるそうです。(言葉をたくさん知っている生徒ほど成績がよい)

 

国語の力を伸ばす、もっと言えば全体的な学力を伸ばすには「言葉をたくさん知る」必要があるのです。

では語彙を増やすにはどうしたらよいでしょうか?

単純ですが、以下の方法が効果的です。

 

①本を読む

②新聞を読む

③家庭などでの(親との)会話

 

①・②はどちらも語彙数を飛躍的に伸ばす力を持っています。

もちろん適当に読むのではなく、分からない言葉を辞書で引く・誰かに聞くという作業が必要になります。

 

「国語の力を伸ばすには本を読ますのがよいのでしょうか?」

 

という質問には私は迷わず「はい」と答えます。

そして、本や国語の教科書の音読も推奨します。

最近は、学校での音読の時間などが少なくなっているので、家庭で音読をして補ってあげる必要があります。

 

 

③のご家庭での会話もとても重要です。

特に就学前から小学校低学年くらいまでの間は特に意識する必要があります。

家庭で交わされる会話や言葉づかいによって、思考力などの国語の力が決定されるのです。

しかもこれはすぐに身につくものではありません。何ヶ月・何年もかけて身につけていくものなのです。

 

もし現在、「うちの子は国語が苦手」という場合には、テレビやゲームに子供が夢中で会話が少ないということが思い浮かびませんか?

お子様がまだ小さい場合は、ご家庭での会話を意識してみてください。

普段の会話によって、言語(国語力・思考力)の土台ができあがっていくのです。

 

以上のようなことから国語の力を伸ばすには少し時間がかかります。

当然、中学生で国語が苦手な場合、それまでの環境によって学力に大きな差がでているため、特効薬はありません。

地道な努力が必要です。

 

語彙数を伸ばすための

 

①読書

②新聞

③会話

 

について次回は詳しく書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

英語ってそんなに大事なのか・・・

 

今日のブログの内容は賛否両論、色々とありますが、個人的な考えを書きます。

学習塾という立場上、5科目「国語・算数(数学)・理科・社会・英語」のことを常に考えていますが、

 

「学校の授業の中でどの科目が一番重要か?」

 

と聞かれれば、私は「国語」だと答えます。

 

 

近年の学校教育で議論の的になっているのは「英語」です。

 

「これからは英語が必要な社会になるから英語の授業を増やす」

「何年も英語を習っていても日本人は英語を話せない」

「小学3年生から英語の授業を行う」

「高校の英語の授業は英語を使って・・・」

 

などなど、英語についての議論はとても活発です。

でもそんなに英語が必要でしょうか?

 

もちろん将来的に英語が必要となる子供も多くなってくるので、英語教育の必要はあるでしょう。

ただ、

 

「早くから英語を習ったとしてもそれを使う環境がなければ英語を話せるようにならない」

 

のです。

 

日本人が英語を何年も習っていても英語で会話ができないのは「勉強法が悪い」わけでも「時期が遅い」わけでもなく、単純に「英語を話す機会がない」ということが一番の原因です。

 

考えてみれば、当たり前ですが、言葉は使わなければ身につきません。

日本語を覚えることができるのは常に日本語を使っているからであって、勉強法などは何でもいいわけです。

 

「常に英語に触れる環境にいる」日本人がいったいどれだけいるでしょうか?

自慢じゃないですが、私も中学・高校の英語を教えることができても英会話はボロボロです(笑)

会話をしていて、英語を聞き取って、相手の言っていることが分かっても自分の言いたいことが英語でなかなかでてこなくて焦りますから。

 

もちろん学校の英語教育を否定するわけではありません。

むしろ日本の英語教育はすごいと思います。

母国語(公用語)として英語を使用している国を除いてみてみると、これだけ長い期間、体系的に英語を学習している国は多くないそうです。

きちんと英語の基礎的なことは習得できるようなシステムが出来上がっています。

 

街で外国人に何か話しかけられた時に

 

「I can’t speak English」

 

と言って、相手の質問に答えられないから苦笑いしながらその場を離れた経験はありませんか?

外国人からしたら「ちゃんと英語をはなしてるじゃん!」とツッコミたくなるかもしれません。

日常で英語を使わない大人でも、英単語はかなりの語の意味を知っているはずです。

 

話せないかもしれないけど、英語の知識はかなりあるのが日本人なのです。

 

 

話が少しずれて、大きな話になってしまいましたが、言いたいことは、「英語よりももっと重要なことがある」ということです。

 

それが「国語(日本語)」です。

 

 

本当は国語の勉強法などを書きたかったのですが、熱が入ってしまい話が長くなってしまいました。

また次回、この続きを書きたいと思います。

 

 

※今日は、少し批判的な内容かもしれませんが、あくまでも個人的な考えです。賛否どちらもある問題だと思います。

 

 

 

 

小学生がんばっています!

 

今日も暑い1日でした。

体調を崩している生徒が多くいて、今日だけで5名の生徒が授業や講座をお休みしました。

 

やはりこれだけ暑いと熱中症になる可能性が高く、常に気をつけていなければいけませんね。

私も先日、夏祭り(盆踊り)のための櫓(やぐら)組みのお手伝いをしたのですが、朝の8時からにも関わらず、大変な暑さで汗が止まりませんでした。

友人は軽い熱中症になりかけていたようで、ふらふらとしていたそうです。

 

外で作業や遊ぶ時は十分な注意が必要です。

 

 

さて、先週からスタートした「小学生宿題講座」もいよいよ大詰めです。

明後日の木曜日が最終日となります。

 

今回の講座は全員で51名の参加となりましたが、今日は人数が少なめで余裕があったので、講座の風景を写真に撮ってみました。

 

 

写真 3

 

ちなみにこれは2階の大教室の授業の様子で、今年はこれだけでは座席が全く足りないので、2階の小教室も使用しています。

 

小学生たちは一生懸命に宿題と格闘しています。

 

特に読書感想文が苦労するようで、みんな「うーーーん」とうなりながら考えています。

長い文章を書くということは普段あまりしないので、1年生から6年生までとても良い経験になっているようです。

 

集中力が続かない子も中にはいますが、なんとかすべての宿題が終わるようにしていきたいです。