• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

教室ブログ

なぜ姿勢が悪いといけないの?

テスト前ということもあり、連日今村塾は生徒たちでいっぱいです。

塾では確実に集中して勉強することができます。

まわりもみんな真剣に勉強しているので、その雰囲気の中にいれば自然と勉強に対して集中できるのです。

 

 

ただ、1つ気になることがあります。

特に男の子に多いのですが、一部の生徒の

 

 

「勉強する姿勢が悪い」

です。

そして、あまり言いたくはないのですが、姿勢が悪い生徒ほど、集中して勉強することができず成績が悪いケースがほとんどです。

そういう子にはすぐに注意するのですが、中には、

「なんでひじをついて勉強してはいけないの?」

 

ということを質問してくる生徒がいます。

いいですね、わざわざ説教される質問をするとは(笑)

「そんなの当たり前だろ!!」と言う事は簡単ですが、ここは論理的に説明しましょう。

 

 

 

そんな質問をする生徒には

 

 

「じゃあ、いいよ。そのかわり、その姿勢のままずっと勉強してね」

 

と言います。実際にその姿勢を続けていると・・・

 

「とても疲れるのです」

 

さすがの生徒たちも肘をついたままずっといるのは疲れるようです。

疲れたから肘をついていたのに、そのままだとさらに疲れて集中力がなくなる。

悪循環です。

 

正しい姿勢で勉強しなければいけない理由は

 

 

「悪い姿勢を続けているとより疲れて、集中力が続かないから」

 

 

なのです。

 

 

悪い姿勢とは・・・

 

・肘をつきながら勉強する

・机に寝るような形で勉強する

・足を組んで勉強する

・イスにもたれかかりながら勉強する

 

などです。

 

 

これからの姿勢を続けると血流が悪くなり、疲れやすくなります。

結果として集中力が続きません。

学校や自宅での勉強の時にも姿勢には気を配る必要があります。

どうしても家だと自由な姿勢で勉強することが多くなります。

姿勢が悪い時は必ず、ご家族の方が注意していただくようにしてください。

 

 

また、複数の研究によると

 

 

「学校の授業の最中にイスにだらりともたれている人より、背筋を伸ばして前のめりになって座っている人の方が、理解度が上がる」

 

ということがわかっています。背筋を伸ばして、前のめりになっていれば、体から脳に「重要なことが起きているので注意するように」という信号が送られるためだと考えられています。

 

学校の日々の授業でも姿勢を意識しなければいけません。

 

 

今日は勉強の方法というよりも勉強にのぞむ姿勢についてですが、とても重要なことです。

 

 

間違った勉強法・・・悪い姿勢で勉強する

正しい勉強法 ・・・背筋を伸ばして正しい姿勢で勉強する

 

 

苦手な科目こそ繰り返しを徹底しよう!

昨日、月曜日は1週間の中でも最も生徒が多い日です。

現在、月曜日の夜は新規の入塾受付を中止していますが、テスト前のテスト対策授業も重なって非常に多くの生徒が来ていました。

ちなみに昨日の夜に塾に来た生徒は、50名ほどです。

下駄箱からは靴があふれて、さらに座席も普段より増席しましたが、いっぱいになってしまいました。

急遽、面談室でも2名の生徒に自習してもらうことにもなり、教室が人であふれていました。

(面談室での自習は、テーブルが広くて、狭い空間なので集中できて好評のようです)

 

 

人であふれた様子を写真で撮ってこちらに載せようと思っていたのですが、授業などの関係でバタバタしていて、撮る時間がありませんでした。

また、教室の様子は紹介したいと思います。

 

 

さて、今日から定期テストが始まった学校があり、いよいよ中学生の期末テストがスタートしました。

 

今回のテストでは、中学2年生・3年生が理科に苦戦しています。

 

中学2年生は化学変化全般が範囲になることが多く、「質量の変化の計算問題」「酸化・還元」「化学反応式」など、毎年生徒が苦戦する単元が並んでいます。どうしてもキャンプが定期テスト前にあり、勉強時間が確保できない生徒が多く、苦労していますね。

 

塾では化学式・化学反応式のプリントなどで対策をしていますが、なかなか覚えられない生徒がいます。

(塾の授業で理解はできていても化学式を暗記していない、化学反応で何が発生するかを覚えられないケースが多いです)

 

 

中学3年生はイオン・中和の単元が範囲になっている学校が多く、「電気分解」「電池(化学電池)」が混ざって混乱している生徒や電池の仕組みや酸・アルカリの中和の単元がなかなか理解できない問題が多く、学校のプリントや学校の問題集で分からなかったところの質問をよく受けます。

 

 

苦戦している生徒に助言をするならば

 

「苦手な科目ほど、繰り返し問題を解きなさい」

 

ということです。

 

子供たちは苦手な科目ほど問題を解こうとせず、なぜか「ノートまとめ」や「教科書読み」を繰り返す傾向にあります。

当然と言えば当然ですが、自分の苦手な科目の問題はできないので解きたくありません。

なので、問題を解かず、その結果さらに理解が深まらないという悪循環に陥ります。

 

今村塾では苦手な科目を授業するのは当然ですが、苦手な科目ほど「繰り返し問題を解く」ことが重要だと生徒たちに伝えています。

今村塾には「テスト予想問題」というものがあるので、苦手な生徒でも「まずはこの問題を確実に解けるように」という指導ができます。塾生の皆さんは、まずは「テスト予想問題(黄色の表紙の冊子)」を徹底的に解いて下さいね。

 

 

それができれば、よい結果が期待できるでしょう。