• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

英語をローマ字読みの発音で覚えていませんか?

前回のブログで「英単語の覚えるコツ」について説明しましたが、塾生たちの様子を見ていて、気になったことがあったので、ブログに書きたいと思います。

 

現在、英語を勉強している生徒の多くは新学年での新しい英単語を覚えています。

今村塾では「英単語テスト」があるので、みんながんばって練習しています。

 

しかし、発音をおろそかにしている生徒がいます。

前回のブログで紹介しましたが、英単語ができるようになるコツは・・・

 

①読める(英語を見て読めるかどうか)

②分かる(英語を見て日本語の意味が分かるかどうか)

③書ける(日本語から英語に直して、つづりが書けるか)

 

のステップで覚えるのが一番効率的です。

ところが生徒たちは意識をしていないと①の「読める」を飛ばします。

自分が覚えやすい「ローマ字」の読み方で覚えるのです。

 

例えば「often」という単語がでてきますが、正しくは「オーフン」と読みます。

ですが、子供たちの中には「オフテン」なんて読んでる子がいますね。

 

このような読み方は、その時は単語が覚えやすくていいかもしれませんが、リスニングができない原因の一つにもなるので、やめたほうがよいです。

今村塾のテキストには単語テストをする新出単語には、カタカナで読みが書いてあります。

英語をカタカナで表現するので、本当に正しい発音ではないかもしれませんが、ほぼ正解の読み方です(中学生はそこまで厳密に発音を意識しなくても大丈夫です)。

必ず、この読みをしっかり覚えてから単語の練習をしてください。

 

中学3年生でwriteの過去分詞形「written」(リトゥン)を「ワルティン」なんて読んでいる子がいました。明らかに発音をおろそかにしていますね。

 

英単語を覚えるときは発音まできちんとやりましょう!

 

 

愛知県美浜町の個別指導塾 今村塾

塾長 今村英之