• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

なぜ姿勢が悪いといけないの?

野間中のテスト前日ということもあり、多くの生徒が授業や自習に来ています。

塾では確実に集中して勉強することができています。

まわりもみんな真剣に勉強しているので、その雰囲気の中にいれば自然と勉強に対して集中できるのです。

 

ただ、そんな中でも1つ気になることがあります。

特に男の子に多いのですが、一部の生徒の

 

 

「勉強する時の姿勢が悪い」

です。

そして、偶然ではないのですが、姿勢が悪い生徒ほど、集中して勉強することができず成績が悪いケースがほとんどです。そういう子にはすぐに注意するのですが、中には、

「なんでひじをついて勉強してはいけないの?」

 

ということを質問してくる生徒がいます。

「そんなの当たり前!!」と言う事は簡単ですが、ここは論理的に説明しましょう。

そんな質問をする生徒には

 

「いいけど、その姿勢のままずっと勉強してね」

 

と言います。実際にその姿勢を続けていると・・・

 

「とても疲れるのです」

 

さすがの生徒たちも肘をついたままずっといるのは疲れるようです。

疲れたから肘をついていたのに、そのままだとさらに疲れて集中力がなくなる。

悪循環ですね。

 

正しい姿勢で勉強しなければいけない理由は

 

 

「悪い姿勢を続けているとより疲れて、集中力が続かないから」

 

 

なのです。

悪い姿勢とは・・・

 

・肘をつきながら勉強する

・机に寝るような形で勉強する

・足を組んで勉強する

・イスにもたれかかりながら勉強する

 

などです。

これからの姿勢を続けると血流が悪くなり、疲れやすくなります。

結果として集中力が続きません。

学校や自宅での勉強の時にも姿勢には気を配る必要があります。

どうしても家だと自由な姿勢で勉強することが多くなりますが、姿勢が悪い時は必ず、ご家族の方が注意していただくようにしてください。

 

 

また、複数の研究によると

 

「学校の授業の最中にイスにだらりともたれている人より、背筋を伸ばして前のめりになって座っている人の方が、理解度が上がる」

 

ということがわかっています。背筋を伸ばして、前のめりになっていれば、体から脳に「重要なことが起きているので注意するように」という信号が送られるためだと考えられています。

 

学校の日々の授業でも姿勢を意識しなければいけません。

今日は勉強の方法というよりも勉強にのぞむ姿勢についてですが、とても重要なことです。

 

 

間違った勉強法・・・悪い姿勢で勉強する

正しい勉強法 ・・・背筋を伸ばして正しい姿勢で勉強する