• 小学生・中学生・高校生対象 個別指導の学習塾 今村塾  「繰り返し学習で成績アップ!」

  • 〒470-3233 愛知県知多郡美浜町奥田石畑195
  • 体験お問い合わせ_資料請求
  • 電話番号

英語ってそんなに大事なのか・・・

 

今日のブログの内容は賛否両論、色々とありますが、個人的な考えを書きます。

学習塾という立場上、5科目「国語・算数(数学)・理科・社会・英語」のことを常に考えていますが、

 

「学校の授業の中でどの科目が一番重要か?」

 

と聞かれれば、私は「国語」だと答えます。

 

 

近年の学校教育で議論の的になっているのは「英語」です。

 

「これからは英語が必要な社会になるから英語の授業を増やす」

「何年も英語を習っていても日本人は英語を話せない」

「小学3年生から英語の授業を行う」

「高校の英語の授業は英語を使って・・・」

 

などなど、英語についての議論はとても活発です。

でもそんなに英語が必要でしょうか?

 

もちろん将来的に英語が必要となる子供も多くなってくるので、英語教育の必要はあるでしょう。

ただ、

 

「早くから英語を習ったとしてもそれを使う環境がなければ英語を話せるようにならない」

 

のです。

 

日本人が英語を何年も習っていても英語で会話ができないのは「勉強法が悪い」わけでも「時期が遅い」わけでもなく、単純に「英語を話す機会がない」ということが一番の原因です。

 

考えてみれば、当たり前ですが、言葉は使わなければ身につきません。

日本語を覚えることができるのは常に日本語を使っているからであって、勉強法などは何でもいいわけです。

 

「常に英語に触れる環境にいる」日本人がいったいどれだけいるでしょうか?

自慢じゃないですが、私も中学・高校の英語を教えることができても英会話はボロボロです(笑)

会話をしていて、英語を聞き取って、相手の言っていることが分かっても自分の言いたいことが英語でなかなかでてこなくて焦りますから。

 

もちろん学校の英語教育を否定するわけではありません。

むしろ日本の英語教育はすごいと思います。

母国語(公用語)として英語を使用している国を除いてみてみると、これだけ長い期間、体系的に英語を学習している国は多くないそうです。

きちんと英語の基礎的なことは習得できるようなシステムが出来上がっています。

 

街で外国人に何か話しかけられた時に

 

「I can’t speak English」

 

と言って、相手の質問に答えられないから苦笑いしながらその場を離れた経験はありませんか?

外国人からしたら「ちゃんと英語をはなしてるじゃん!」とツッコミたくなるかもしれません。

日常で英語を使わない大人でも、英単語はかなりの語の意味を知っているはずです。

 

話せないかもしれないけど、英語の知識はかなりあるのが日本人なのです。

 

 

話が少しずれて、大きな話になってしまいましたが、言いたいことは、「英語よりももっと重要なことがある」ということです。

 

それが「国語(日本語)」です。

 

 

本当は国語の勉強法などを書きたかったのですが、熱が入ってしまい話が長くなってしまいました。

また次回、この続きを書きたいと思います。

 

 

※今日は、少し批判的な内容かもしれませんが、あくまでも個人的な考えです。賛否どちらもある問題だと思います。